不適切なコンテンツのページ

私の身辺のことです。

ラブホのフロントバイトを始めて2年目の話②

泥酔してる私の写真、8割中指立ててる説!こんにちは。私です。

前回の続きから書いていきます。働き始めてからの話や仕事内容を中心に書きます。まだみてない人はそっちから見るとちょっと面白いかも。たぶん

 

 

仕事内容

 

ラブホテルのフロントって何してんの?無人フロントのフロントってめちゃくちゃ矛盾してますよね?と言われることが多々あるんだけど聞かれるたびにみんなやっぱりラブホが好きなんだなと思います。

 

ホテルによって業務内容にはかなり差があるんじゃないかなと思います。私のホテルのフロント業務はなんでもやる。たとえば居酒屋のホールとかだと主な仕事はホール業務ですよね。席にお酒を運んだり、注文を受けたりすることです。基本的にホールの人がヘルプでキッチンに入るということはないんじゃないかな?という印象です。まあ私は居酒屋3分で辞めたのでわかんないんですけど。これが私のホテルだと、メイクの人が当欠したらフロントがメイクすることもあるし、雑用系はほとんどなんでもやる、といった所です。

基本業務は部屋のセットと点検、客室管理なんですけどキッチンで料理も作るし電話対応もするし日報も書きます。部屋に料理やコスプレや大人のおもちゃを持って行ったりすることも珍しくありません。半裸で出てくる羞恥心を捨てたおじさんにはもう慣れました。ありがとうございました

 

私たちがやっているメインの業務である、セットと点検から説明します。

 

・セット

まずはセットから。客が部屋を退出した後、その部屋に1番最初に足を踏み入れるのは私たちフロントです。7:3くらいの確率でゴミ箱は使われていません。ふざけんな。私の育ってきた環境では、ゴミをゴミ箱に捨てるということは当たり前のことでした。しかしこの世界ではそれができる人はとても少なく、学校のクラスの学級委員長に立候補できるくらい偉いことなんだと実感しました。まじで当たり前を当たり前にできる、モラルがある人間すごい。ラブホに来る客の7割の家ではきっとゴミ箱がないんでしょう。人間とゴミ、どちらがゴミかわかりませんね。きっとどちらもゴミでしょう。

ここまで読んで、皆さんが想像する「ゴミがゴミ箱に入っていない状態」とはどのくらいですか?たとえばティッシュはゴミ箱に入っているけどおかしの袋は机に落ちている、とかお酒の空き缶が机や棚に置きっぱなし、とか歯ブラシがコップに刺さったまま、とかでしょうか。

 

 

▼2分で書いた綺麗な部屋に該当する部屋の参考画像

f:id:Lono:20210408204333p:image

 

 

今挙げた例は全て綺麗なお部屋に該当します。おや?雲行きが怪しくなってきましたね。

私の言っている汚い部屋の一例を紹介します。まず部屋の中で1番綺麗なのはゴミ箱です。なんで?

使われていない綺麗なゴミ箱以外は全て漏れなく汚いです。逆にここまで汚い状態で部屋出れんのすごい。才能まである。最悪だけど。

床一面に落ちるゴミ。床に精液を出すな。

後程の記事で今まで私が見たやばい部屋をまとめて詳しく書こうと思ってるのでここではなんとなくの紹介で終わります。

 

▼4分で書いた汚い部屋の中でも綺麗な部屋の参考画像

f:id:Lono:20210408204618p:image

 

 

話が少し逸れましたが、私達はこの部屋に一番最初に足を踏み入れるのです。綺麗な部屋は良いとして、この類の汚い部屋に当たると、一言で言うと絶望。汚い部屋に連続で当たると絶望は苛立ちへ、そして悟りを開きます。そしてビニール袋を手にはめてゴミを拾い集め、シーツ類を剥がし、メイクさんが働ける状況にして部屋を立ち去ります。部屋のドリンク類の補充もこのタイミングで行うことが多いです。

特別なことは言わないからお願いだから床に精液ぴゅっぴゅしたなら自分で拭いてゴミ箱に捨ててください。頼むから。ちなみにわたしがぴゅっぴゅされてるのを見たらそっとティッシュをかけてメイクさんに任せます。すみません。いつもありがとう。

 

 

・点検

さて、地獄みたいなセット業務の話をした後に点検の内容を紹介します。点検はその名の通り、すでにメイクが完了した部屋が売れる状態かの点検です。例えばマイクさんが補充品を忘れていたとか、電マに消毒済みの袋がかぶさっていなかったとか、シーツや掛け布団カバーが汚れていたとかがあると、それはクレームにつながって仕事が増えます。そのため、フロントが最後に一度確認をするのがこの作業です。私は性格が雑なのでこの点検業務が1番疲れます。嘘です。汚い部屋のセットより全然楽です。

コロコロと小ダス片手に今日飲むお酒のことなどを考えながら点検します。まあそんなことを考えてるので私はよく点検ミスります。ごめん。

 

・その他業務

フロントの仕事には名前のつかないような作業がとても多いです。ダスを洗濯して畳んだり、キッチンで料理を作ったりします。よく値段が安いラブホでご飯を頼む客がいますが正直おすすめはしません。価格帯が高いホテルなら衛生面もそれなりに気を使われていますが、価格帯が低いところはかなり適当です。食中毒起こさないのが奇跡。もしかしたら起こしてんのかもしれないけど、なかなか病院で「ラブホで食った飯のせいです!あとその後セックスしたので余計お腹に負担がかかったんだと思います!」なんて言えないと思う。かわいそう。

 

ラブホでご飯食べたいならコンビニで買ってくるとかの方が美味しいしいいと思う。ラブホで出してるのはほぼ全て冷食です。たまに野菜が変色しています。そんなところもかわいい。(?)

普通の価格帯のホテルなら、野菜類を避ければまあまあお腹が強い人は美味しく頂けると思います。潔癖とかだと分からんけど潔癖とかの人はそもそもラブホこなさそう。

 

他にもいろんな仕事をします。最初の方に述べた通り、メイクさんが足りなかったり、暇だったりしたらベッドメイクに入ったりメイクさんの手伝いとして回ることもあります。おかげで私はめちゃくちゃベッドメイクが上手いですメイクして欲しい人は一回500円で組むので是非呼んでください。よろしくお願いします。ちなみに自分の家のベッドは組みません。部屋にいる時間のうち8割はベッドの上で過ごしているので。

 

客室管理もフロントの仕事の一つです。入ってくる客の情報を日報に書き込みます。

男女の入るタイミングお得意様のあだ名も備考欄に書くため、今日はデリ多いな〜とかあ!いつもの人じゃん!とかなります。前回部屋が汚いとこのタイミングでめちゃくちゃ悪口言われます。

監視カメラは余裕で顔が識別できるくらいのレベルです。いちゃついてたら1発でわかるしフロントの人間に嘲笑されているので前戯は部屋に入ってからにしてくださいね

他にもお部屋や外線の電話の受け答えもします。

お部屋からの電話だと、フードの注文やコスプレの注文、おもちゃの注文、連れが部屋に入るので開けて欲しい(デリヘルがきたと言う意味)などがあります。デリが来た時、大抵のお客様は「女の子が来たから開けて欲しい」や「連れが来たから開けて欲しい」と言うのですが、この前電話をかけてくださったお客様は「デリヘルの女の子がきました。開けてください。」と言われました。デリヘルかどうかを正直に言わなくても大丈夫ですよお客様〜

メンタル強靭かよ怖いものなしだな

 

ざっと仕事内容を書いてみましたが、ラブホテル業務で1番大変なのはメイクというイメージが少なからずあると思います。でも実際フロントの方がやることが多いから大変では?と最近思っています。多分メイクの方が楽。

メイクさんも言っています。「フロントは大変だよね〜笑奴隷みたい笑」それは言い過ぎでは?

最近新しく入ったフロントの人もメイクにしておけばよかったと後悔しています。かわいそうに。

ちなみに私はとても楽しくやってます

 

 

 

 

いかがでしたか?(笑)

今回はラブホテルのフロント業務についてお話ししました!

もしこれからラブホで働きたいよ〜という方があれば参考にしてみてください。底辺バイトなのであまりおすすめはしませんけど。

 

わたしが2年間働いてきた中でこんな部屋がやばい!強烈!やばい客特集!みたいなのも書きたかったのですがめちゃくちゃ内容が重くなりそうなのでそれは次回にまわします

 

 

また近日中にに更新しますのでよろしければ楽しみにお待ちくださいね。

 

 

ラブホのフロントバイトを始めて2年目の話①

最近1人で喋る動画を1人で撮って1人で満足して消すという究極の地産地消をしています。私です。

たまには文字で独り言を消化してもいいかなと思って久しぶりにアプリを立ち上げました。

 

題名でも述べた通り、今回は私が大学2年の頃から始めたラブホテルの無人フロントのフロントの話を書くよ

 

 

 

 

この話を書くに至った経緯

 

まあ正直経緯もくそもないしなんとなく気分です。

私事ですが、最近就活もどきを始めました。面接の時とかに学生時代のアルバイトの話とかするんですけど、なかなかラブホのフロントしてます!って言えなくて、じゃあこの話は誰に聞いてもらおう、、、と思ったから重い腰を上げてやっとこれを書くことにした。私記憶力乏しいから書かなきゃ全部忘れちゃうしアセアセ

飽きたら書くのやめるかもしれないけど私が飽きるまで是非お付き合いください。

 

 

 

ラブホバイトを始めた理由

 

・金が欲しかった

私は基本的にバイトは掛け持ちしたいタイプです。ひとつだけだと業務内容に飽きがくるし、嫌なことがあったら行きたくなくなるから。気分転換にもなるし給料日もズレるし掛け持ち最高すぎる

あと辞めたい!って思った時にすぐ辞められるようにっていうのも大きい。掛け持ちしてれば新しいバイトをすぐに探さなくていいし、辞めたい時にバイトは辞めたい。バイトごときにストレスはかけたくないです我儘なので。

そんな感じで掛け持ちでバイトを探していました。ラブホに落ち着くまで右葉曲折あり、式場の派遣をやってみたり(毎回場所が変わる、働ける日が不定期、長時間働けないのが嫌でやめた)居酒屋で働こうとしてみたり(店長がなんとなく嫌で初日の3分で辞めて帰った)(伝説)いろいろありました。バイトはやっぱり業務内容より周りの人が大事だと思う。

 

・ラブホバイトがずっとしたかった

なんで?と思うかもしれないですね、わたしもなんで?って思います。多分疲れてたのかも

当時の日記を無くしたので細かい心境は不明です。もし見つけたら追記しておきます。(多分しない)

大学1年の終わりくらいからどうしてもラブホテルで働きたくて、でも探すのもめんどくさかったしその頃は別の掛け持ちしてたから気持ちだけあったっていう感じです。

 

わたしがどのようにホテルバイトは応募したのかを書きます。

この時応募したホテルは今働いている所と違う所です。

先ほども述べたように、ラブホのフロントは大学1年の後半くらいからずっとやりたくて、でも強い熱意!っていうよりはまあぼんやりやったら面白いかな〜って感じだった。

2年生の頃に、当時のバイトに飽きてなんとなく求人のページを見てたんですよね。

で、なんとなくラブホで働きたいことを思い出して、職種をホテルに絞って検索してみました。

ページに出てくるのは知った名前のホテルがほとんどだったんだけど、その中に聞き慣れないホテル名のページを見つけました。

 

【急募!】ホテル日本酒(仮名)フロントスタッフ・清掃スタッフ

 

これは、、、?もしやラブホテル、、、?全く、、、普通のホテルの中にひっそり混ざり込みやがって、、、俺でなきゃ見逃しちゃうね。

で興味本位で友達誘って2人で面接に行くことに。

 

したんだけど日程合わなくてバラバラで行きました。

 

私はラブホテルに入るのはこの時が初めてだったような気がする。2回目かもしれないけど、とにかく全然ラブホ初心者だったからめっちゃ挙動不審だったと思う。

20歳ホヤホヤの女の子が真昼間に1人でラブホに入っていった。正面玄関から。裏口教えて欲しかった。

 

インターホン鳴らして、面接にきましたーって言って事務所みたいなとこに通された。

黒髪のサラサラした同年代くらいの女の子が案内してくれた。めっちゃ髪サラサラだったから覚えてる。

面接を担当してくれたのはフツーのおじさんでした。

普通。普通すぎて普通。

でも面接中すごい観察眼すぎて怖かったです。

私の考えてること全部当てられてる感覚で、後日友達と話した時、友達も同じ感覚だったって言ってたから間違いない。あのおっさんすごい人

 

きちんと詳しい説明とかもしてくれて、即採用じゃなくて3日後くらいに電話するね〜って言われて終わったんだけど、ここでひとつ問題が発生しました。

ラブホのフロントのお金を盗んでいく治安の悪い人間がいるらしく、その対策として保証人を立てて保証書を書いてもらわなきゃいかないことが判明。

ホショウニン、、、?

別に盗まないからいいんだけど基本親に書いてもらってね〜と言われました。

親に説明する、、、?ラブホテルで働くことを、、、?

 

ここで私は完璧に心が折れ、3日後にきた採用の電話も断りました。

 

後日談ですが、面接に行った次の日にここのラブホ普通に利用しました。

サラッと書いたけどかなり頭おかしくて草。思考回路が沼すぎる

 

 

 

不適切、もう一度面接を受ける

 

そんなこんなで一度はラブホテルでのアルバイトを断念した私。

しかしここで諦められるほど潔い性格はしていませんでした。

働くことを一度は断ったけれど、日に日にラブホテルで働きたいという強い気持ちが溢れていきます

今冷静になって考えるとまじでなんで?と思うんですけど何が何でも働きたかった。

当時の日記にはラブホテルでいかに働きたいかという強い熱意がみっちみちに書かれていた。まじでなんで?

 

ある日家でゴロゴロしてらふと、「あ、ラブホテル探そう」と思いました。

見つけました

その勢いで電話をかけて3日後に面接に行きました。無駄に行動力高いな

保証人の問題などとうに忘れて勢いのまま生きています。私が基本的に後先考えずに行動していることがこの場面でも伺えます。

 

前回とは別のホテルで、ホテル日本酒(仮名)よりこじんまりとした印象を受けました。

(ちなみに途中で道に迷ってしまい、ラブホテルに行きたいんです!なんて人に聞けなくてわりと絶望した)

 

 

 

 

面接

 

面接はホテルの部屋でやりました。他に場所なかったんか?あるだろ休憩室とか

ラブホにはソファは大体ひとつしかないので私がソファーに座り社員は床に座ってました。シュールすぎん?ちなみに週2〜3でれますって言ったらいいですね!採用です!って言われた。ゆるくて草

ちなみにホテル日本酒(仮)より適当な面接でした。保証人の話とかも特にされませんでした。草

初出勤はその次の週の火曜日に決まり、私は浮き足立ちながら帰路についたのでした。

 

さていよいよ本題、働き始めてからの話を書こう!と思ったんですけど小見出しの付け方が難しかったので②にぶち込むことにしました。

近日中に書き上げますのでよろしくお願いいたします。

 

 

 

初めての禁酒体験

こんばんは。不適切です。

最近禁酒を始めようと決心して2週間とちょっと経ちました。

はじめの方は禁酒レポと称して毎日記録してたんですけど継続して物事を続けるのがほんとに苦手なので一旦今の心情とかまとめとこ!と思ったので書きます。まじで毎日のルーティーン!とかできる人尊敬する

 

 

 

禁酒の経緯

 

そもそもなんで禁酒しようと思ったの?って話ですよね。その詳細から書いていきます

 

私の親は割とお酒好きで良く飲む方です。

最近知ったんですけど一般家庭は昼から酒飲んだりしないんですか?家族で外食の鉄板って居酒屋じゃないんですか?

 

親が酒を飲む姿を幼少期から見てきた私ですが私もしっかりお酒が大好きです。

多分これは遺伝的なこともあると思う。

 

親の影響からか、お前その年齢でスルメ食えんの?歯ある?みたいな年齢から七輪で炙ったスルメを咥えて鬼殺しの一升瓶の隣で微笑んでる写真があったり4歳の頃の好きな食べ物はブルーチーズでした。なんで?

 

またこんな家庭なので成人してからはほぼ毎日親の晩酌に付き合った後に1人で部屋で飲み直す生活でした。

バイト代は基本酒に消える日々。これ文字にしたらめっちゃやばそうだけどそんなことないので安心してね!

 

結局何が言いたいかって、酒の飲み過ぎによって金が無くなるんですよ。

金欠の理由が酒とか1番しょーもなくね?人生の汚点すぎるな流石に

なのでお金を少しでも貯めるために禁酒を始めた所存です。

 

バイト先で禁酒してる話をしたらお酒による男性との失敗か?とかついに密着警察24時に出たんですか!?って言われました。

わたしそんなに酒癖悪イメージなのかなとちょっとショック受けました。

 

 

 

禁酒中

 

禁酒中のことは禁酒レポ見てもらうとわかります。

これも簡潔にいうと最初はめっちゃ辛かった

 

辛かったっていうと若干大袈裟なんだけど別に「あ〜!酒ェ!酒がねぇゾ!!飲みたくて飲みたくて震えるゥ!クソッ!殺す!ウワァアアアア飲みテェエエエ!」っていうわけじゃありません。

 

前述した通りわたしの家庭は親が飲むんですけどこれが問題だった。

 

友人や知人からの飲みの誘いは最初に断れば現場に行かなくて済みます。

例えば5人くらいの飲み会で自分1人ノンアルぺろぺろしながら3時間酔っ払いの意味不明な会話についていくのは辛いじゃないですか。

わたしは多分断りきれずに飲んじゃうと思う。

でも誘いの話の時点で断れば飲酒人間達を指咥えて眺める必要なんてないわけで!

なので誘いが来たときは涙目で断ってしまいさえすれば万事解決でした。辛くない、、、辛くなんてなかった、、、

 

しかしこれが家庭内で行われるとなれば話は別です。

毎晩隣で赤ワインや日本酒開けながらサラミ食ってるんですよ!耐えられますか!?

休日は昼から肉焼きながら夜までずっと飲んでるんだよ(大号泣)

 

ほんとに辛かったです。よく耐えた私。

 

 

 

禁酒明けの酒

 

飲酒を始めたのは11月序盤かそこらだったと思うんですけど、まず1週間の禁酒、1日だけ飲んでそこから2週間ほど禁酒しよう!という目標を立てていました。

初めからハードルを上げてもどうせ上手くいかないということはわかりきっていたし、そもそも既に飲酒しようという名目で入っていた約束を断るのもなんだかな〜と思ってこの目標にしていました。

 

無事1週間の禁酒は達成し、1週間ぶりの酒。

私が酒を1週間断つとかほぼ一年ぶりとかじゃね?っていうレベルだったので運ばれてきた日本酒を目の前にした瞬間、全ての生命に感謝し、米を作ってくれた農家の人達、美味しい水、そして聖なるJAPANに感謝、、、(合掌)でした。

 

一口口に含んだ瞬間、目の前は居酒屋から天国へ。

脳内では中島みゆきの麦の歌が流れ、玉山鉄二が微笑みを浮かべている。飲んだのウイスキーじゃなくて日本酒だけど。

天にも登る心地、今まで何度も死にたいと思ってきたけどこの瞬間ばかりは生きていることに感謝し、全ての知人に感謝の手紙5000字をしたためたい

全ての辛い人達に日本酒を、いや全ての成人済に日本酒を贈呈したい

生きるっていいな。お酒っていいな。てか日本酒ってこんな美味しかったっけ、、、2020年で良かった。日本に住んでて良かった。生命を人間という形で使えて良かった。圧倒的感謝、、、

 

舌の上で十分に味わった日本酒はそのままゆっくり喉へ流れていく。

 

コレコレェ!

 

喉には味覚器官なんてないはずなのに喉がめっちゃ美味しいって言ってる。わかる。私にはわかる、、、ッ!

そのまましっとりと五臓六腑に染み渡っていく日本酒。まじハンパねぇ。

やっぱり待てされて焦らされた方が素晴らしく感じるっていうのは本当なんだなとしみじみ感じました。

 

その後やめられない止まらない日本酒とワインのちゃんぽんにより無事記憶は抹消。目覚めたら自分の布団の上でした。

酔っ払いながらも微かに化粧を落とそうという意思はあったようで半分だけ化粧は落ちてました。そこまでいったら全部落としてくれ。

服も袖だけ脱げてました。着るのか脱ぐのかどっちかにしてくれ。

あと同行してくれた人、家まで送ってくれてありがとう。

 

 

 

禁酒して学んだこと・今後に関して

 

さて、いや、え?

今の話ってまだ前半じゃないの?まず禁酒1週間して〜、1日挟んで2週間!って話じゃなかったっけ?って思ったそこのあなた!記憶力がいいですね私と違って。

 

前述した通り、当初の予定ではそれを想定していました。

なので禁酒レポもちゃんと7日間書いてたし、今後も書くつもりでいました。

禁酒第二期を迎え、数日は大人しく過ごしていたんですけど4日目くらいかな、、、飲んじゃったんですよね、、、

でもここで一つ弁明したい。なんの考えもなしに誘惑に負けたわけじゃないことを。

いやまあ誘惑がゼロって言ったら大嘘になるんだけどね!

 

私は禁酒して学びました。

禁酒によって失うものはあっても得るものはないと。

まあ飲酒は飲酒で失うものばかりなんですけど。大矛盾で草。

 

禁酒することによって目論見通りお金は貯まりました。

しかしバイトのモチベを完全に失いました。

バイト後のお酒や、働いた金で飲む酒をモチベにしていたためバイトに身が入らない。

今後禁酒を続けるならバイトは辞めたい。なんのためのバイトなのか。

でも金がないと何もできないこのご時世なのでそれはまずいですよね?まずいです。

 

わたしは別にお酒飲んで騒ぐのが好きなわけじゃないです。いや嫌いじゃないし好きだけど1人で家で飲むのがかなり好きなんです。

だからクラブに行ったり居酒屋行ったりも楽しいけど、基本1人が好きなタイプだからそれが1番の目的じゃないっていうか

 

つまり何が言いたいかって私一人で飲んでても誰にも迷惑かけなくね?

体壊すほど飲むと周りにも迷惑かもしれないけど1日数杯飲んで、自分の機嫌をとって質の高い睡眠をする、これの何が悪いことなんだ?

酒のために働けばお金が貯まるし、酒があればシルバニアはもっと楽しい。

なんか話逸れそうだから戻すと、酒全部ナシ!な禁酒はやめていいということに気付きました。

 

でも禁酒してそれに気付けてよかったです。

今後はお酒の買い過ぎには気をつけた上で飲み会も少なめでしっかり飲酒して生きていこうと思いました。

 

これはまた違う時に書こうと思うけど、結局自分のご機嫌取れるのは自分しかいないし、人に依存する幸せよりは私一人で得られる幸せの方が環境に左右されなくて良いのです。

そのご機嫌とりの手段の一つとして、私はたまたまお酒が当てはまった。ただそれだけのことだったんです。

 

私は今後も飲酒していきます。最低でも週2くらいで休肝日を取るということで、今後の目標としていきたいです。

 

日本酒に出会えて良かった。

 

全ての日本酒に関わってくださっている方々、そして愛する日本酒へ向けて。

聴いてください。

 

 

 

Love Sake〜愛する君へ〜

 

毎日一緒だった 日本酒

離れて気付いた 君の大切さ

もう君なしじゃいられない 愛する君へ

 

もうやめるなんて言わない ずっと一緒さ

近すぎても遠すぎてもだめな僕らの距離

不適切じゃなく 適切なお付き合いしようよ

 

Love you sake 愛してるよ

Love you sake 本当に

 

 

作詞.不適切なコンテンツ